ウェディングプランナーになるには?資格や給料、求人について

ウェディングプランナーになるには?資格や給料、求人について

 

ウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)とはその名の通り、結婚式のプロデュースをする仕事です。

 

結婚式の主役である、新郎・新婦の求めている結婚式を挙げるためには、結婚式の演出だけではなく、衣装やヘアメイク、そして料理など様々な部分での準備が必要です。結婚式を挙げる際の、様々なプロデュースを提供します。

 

事前の準備に対してのプロデュースのみならず、当日の挙式や披露宴でも、サポートをします。

 

ウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)の主な求人先は、結婚式を挙げることができるホテルやレストランがあげられます。また、これだけではなくウェディングサービスを展開している会社なども、求人先となっています。

 

ウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)は、結婚式をプロデュースするという、業務内容が比較的しっかりとわかりやすい仕事です。

 

そのため、就業先が違っていても、業務内容自体は同じであるといえます。

 

 

 

ウェディングプランナーになるには資格が必要?専門学校などについて

 

ウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)は、特に資格を取得しなくても、結婚式のプロデュースを担う就業先に就くことでウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)として働くことができます。

 

ですが、やはりウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)を目指す専門学校などがあるため、こちらを卒業してから就業先に就いたほうが、速戦力にはなりやすいです。

 

それだけではなく、ABC協会認定のブライダルプランナー検定というものもあるので、こちらの資格を取得しておくと、実際に学んでから仕事に就くので、仕事にも活かすことが可能です。
ちなみに、ブライダルプランナー検定は2級と1級があります。受験にかかる費用は、2級は10,000円で、1級は15,000円です。

 

2級はマークシート方式で1級はマークシートに加え、一部記述があります。

 

ブライダルプランナー検定1級を取得することで、アシスタント・ブライダルプランナー資格の登録申請をすることができ、さらにそこから実務経験を積むことで、さらに上の資格の登録申請をすることができるようになっています。

 

資格を取得して、よりさらに上を狙うことができるのもこの資格の魅力ですね。

 

勉強方法としては、認定校での通学や通信講座を利用した勉強や独学があります。一般的には、通信講座を利用して資格取得する人が多いです。

 

難易度的には、2級の合格率が80%前後、1級の合格率が60%後半となっているようなので、やはり1級の方が難しいといえます。

 

⇒「ウェディングプランナー」の準備を始めるならコチラ

 

 

 

 

ウェディングプランナーの平均年収

 

ウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)は、必ずしも資格が必要な仕事ではなく、資格がなくとも働くことは可能です。

 

しかし、ブライダルプランナー検定を取得しておくことで、客観的な評価につながるため、責任のある仕事を任されたり、やりがいを感じながら働くことができます。

 

また、資格を取得することで、ウェディングに対しての知識がより深まり、お客様に対するウェディングの提案にもさらに磨きがかかるでしょう。このような相乗効果から、職場や仕事において上のポジションを狙いやすくもなります。

 

ウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)は人気のある職業でもあるわけですから、資格があることで就職や転職に有利になる可能性もあります。

 

ウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)の 平均年収は、立場や年齢、経験、就業先で違いがありますが約300万円前後が相場となっています。

 

 

ウェディングプランナーは、こんな人におすすめ

 

ウェディングプランナー(ブライダルコーディネータ―)の仕事をしたいと考えている人にとって、とにかくウェティングプランナー検定はおすすめな資格です。

 

もちろん、資格がなくとも働くことができる仕事ではあるのわですが、やはり資格を取得しておくことでよりウェディングに関する事柄を知ることができ、スキルアップにつなげることができます。
今まさにウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)の仕事をしているという人だけではなく、これからウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)に転職を考えているという人も、取得しておくととても強みになります。

 

資格自体も、実務経験を踏むことで、ステップアップをすることができる仕組みにもなっています。やりがいにもつながりますし、何よりも資格に向けて勉強に取り組むことで、よりお客様のニーズにあわせた結婚式を提案することができるようになるのは、嬉しいですよね。

 

⇒「ウェディングプランナー」の準備を始めるならコチラ