メンタルトレーニングの資格や仕事、トレーナーになるには?

メンタルトレーニングの資格や仕事、トレーナーになるには?

メンタルトレーニングは、ストレスをケアするカウンセリングの領域から、
目標達成や願望実現をサポートするコーチング領域のすべてをサポートする
トレーニングであり、これらを仕事とするのが、メンタルトレーナーです。

 

 

 

メンタルトレーナーの仕事の範囲は
スポーツ分野、学校の教育分野、ビジネス分野に分けられます。

 

スポーツ分野では選手のメンタルサポート、チームに向けてメンタルの講習等を行います。
教育分野では、小学校から高校までの精神面のサポートを行います。
生徒がコミュニケーション力をつけられるように指導したり
個別のメンタルサポートから集団へのメンタルの講習などを行います。

 

ビジネス分野ではビジネスパーソンに向けて
ストレスマネジメントやモチベーションアップなどの講習を行います。
メンタルトレーニングを専門としている企業は少ないので、
フリーランスとして活動をするか、副業として働く人が多いです。

 

 

 

 

メンタルトレーニングの資格取得にかかる費用や勉強方法は?

 

メンタルトレーナーとして働くための決まった資格はありません。
メンタルトレーニングは心理学を使うことから、
心理学の知識やカウンセリングを行えるだけの力をつけている必要があります。

 

心理カウンセリング系の資格はありますが、
資格よりも経験やスキルが重視されている傾向があります。
メンタルトレーニング系の資格としては、スポーツメンタルトレーニング指導士、
メンタルトレーナ2級、メンタルトレーナー養成講座などがあります。

 

メンタルトレーニングを学ぶときに、大学院やスクールに通うという方法があります。
専門の大学院に通う場合には2〜3年通う必要があることと
200万円以上のお金がかかります。

 

スクールに通うとしても約2年間は通う必要があり、
30万〜150万円くらいのお金がかかります。
資格をとることよりも、スキルや経験をつけていったほうがいいかもしれません。

 

 

メンタルトレーニングの資格取得のメリットや給料などの収入は?

 

メンタルトレーニングに必要な知識や経験を積むことにより、
メンタルトレーナーとして幅広く活動することができるようになります。

 

メンタル面の重要性が世の中に広まり、
メンタルトレーナーの知名度は少しずつ高くなってきました。
活動場所としては、カウンセリング施設やスポーツ団体、民間企業などがあります。
組織に属さないフリーランスという形でメンタルトレーニングを提供している人もいます。

 

活動する場所がバラバラなので平均年収などは正確にでていません。
個人のスキルや経験によって収入は左右されます。
精神疾患を持つ人を対象として
メンタルトレーニング、カウンセリングを行っている企業もありますが、
そこでの年収は300万〜500万となっています。

 

スキルや経験など実力によって収入が上がりますので、
自分でスキルアップをしていきたいという人にとってはいいかもしれません。

 

メンタルトレーニングの資格取得は、こんな人におすすめ

 

メンタルトレーニングは自分が主役ではなく、
メンタルトレーニングをする相手がイキイキと活動できるようにサポートするお仕事です。
自分自身は陰でサポートをして、
サポートした方を支えることに喜びを感じられる人はメンタルトレーナーに向いています。

 

様々な人のメンタルトレーニングをすることから、様々な悩みを持つ人と関わります。
しっかりと相手の事を考えられて、
相手の悩みを何とかして解決したいと思うことが大切です。
自分のことばかり考える方や、他人に興味がない方には向いているとは言えません。

 

メンタルトレーニングをするうえで、学校の生徒やスポーツ選手、ビジネスパーソンなど
様々な人と関わるので、しっかりと秘密を守れる方には向いています。
メンタル面が重要視されてきているので、
しっかりと経験とスキルを身に着けていこうと思える方であれば、
メンタルトレーナーとして活躍できます。

 

⇒「メンタルトレーニング」についての無料資料請求はコチラ