食育アドバイザーの資格-試験の難易度や仕事、就職について

食育アドバイザーの資格について-仕事は?就職先は?

食育アドバイザーとは、食育や栄養学などの正しい知識と、それを実践に移す力をもった食のスペシャリストのことを言います。調理師は調理や栄養士などと違って試験資格がないために、誰でもチャレンジしやすいというメリットがあります。

 

 

 

食育というと、子供に食について教育するのだと思われがちですが、それだけではありません。大人の生活習慣病の予防や病気予防など、幅広い年代の人々の食生活のサポートに生かすことができるので、活躍の場面が多くあります。

 

例えば、自宅での料理教室、セミナーの講師や保育園・幼稚園、小学校の教員などです。それだけでなく、食に関する確かな知識があるため、レストランをはじめとする院食業界や食品会社の開発担当、福祉や医療の現場でも資格を活かすことができます。

 

食に関する知識を利用できる場は多くあるので、様々な選択肢があります。また、安心して口にできる食材を選ぶ力が身につきますので、日々の生活に役立てることもできる資格です。

 

 

 

食育アドバイザー資格はどうやって取るの?独学?通信講座?

 

食育アドバイザーは、一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)が実施する資格試験で、食に関する基本知識があり、食育に関する活動をすることができるということを証明するものです。受験資格がないため比較的簡単に取得でき、通信講座で学ぶことが一般的です。

 

通信講座で学ぶなら、費用は大体3万円から5万円程度で、期間は6ヶ月程度です。受験には受験料が5,600円かかり、食育の基本知識や食品の安全性についての基礎知識、食育活動についての知識を問われます。

 

食育アドバイザーの資格は、協会が認定した教育期間や通信講座でカリキュラムを修了した後、自宅で受験することができるという珍しい試験です。

 

自宅でテキストを見ながら試験を受けられるため、子育てで忙しくて家から出られない方や資格試験が苦手な方でも気軽に挑戦することができます。資格取得後のキャリアプランの相談に乗ってくれる通信講座や、最短4ヶ月で資格が取れる講座など様々あるので、自分にあった講座を選んで勉強することができます。

 

 

食育アドバイザーの資格でできる仕事や就職先は?

 

食育アドバイザーの資格を取得することで、食品添加物や食品表示について学ぶことができるので、体に良いものを選ぶ力がつきます。家族に美味しい食事を提供できるようになり、家庭で食育を行うことも可能になります。また、年齢に合わせた食事の取り方がわかるようになるので、学校教育に携わっている方、介護に携わっているかたなどは日々の仕事に生かすことができます。

 

食育アドバイザーの資格を取得すると食育に関する専門家と名乗ることができるので、ご家庭で料理教室を開いたり、食関連の業界に転職する際にもアピール材料となります。正しい知識が身につくので、食事や食に関する仕事なら発言に説得力を持せることができます。

 

就職先としては保育園・幼稚園・学校・介護施設をはじめ、食品会社や飲食店など様々で、業種によって年収は大幅に異なります。ただし、資格取得することでできる仕事で範囲が広がったり、転職に有利になることもあります。

 

 

食育アドバイザーはどんな人におすすめ?

 

食育に関する資格に興味があるけど、難しい資格を取得する自信がない方、すでに食関連の仕事についているが、より説得力が出るように肩書きになるような資格を取っておきたい方、短期間で食に関する資格を取得したい方、自宅で試験を受けたい方におすすめの資格です。

 

また、食育に関する資格を取得すると資格手当がつくような場合、食育アドバイザーなら比較的簡単に資格を取ることができます。

 

さらに、資格が生かせる場はそれだけではありません。食育を学ぶことで、安全で美味しい食品を選ぶことができるようになり、栄養バランスの良い食事が作れるようになります。

 

そのため、生活習慣病や病気の予防ができるので、家族の健康を守りたい主婦の方にもおすすめです。学んだことをアトピーやアレルギー、病弱体質の改善に生かすこともできるので、それらでお悩みの方にもぜひ挑戦してもらいたい資格です。

 

⇒『食育』について準備を始めるならコチラ!