宅地建物取引士の難易度や合格率、求人や年収について

宅地建物取引士の難易度や合格率、求人や年収について

 

宅地建物取引士は、不動産業者が土地や建物の取引に関するルールの専門家です。

 

宅地建物取引士の多くは不動産業者に所属しており、お客さんが不動産取引や賃貸借契約を行うときに必要な説明を行います。

 

一番身近な例としては、不動産を買ったり、アパートを借りたりするときに契約書の内容を詳しく説明してもらうケースがありますね。

 

不動産取引に関する契約書が法律に反してお客さんの不利益になるような内容になっていないかどうかチェックし、そのことを説明するのは宅地建物取引士の仕事です。

 

不動産業を営む企業は、事業所で働いているスタッフのうち5人に1人の割合でこの宅地建物取引士の資格を取得させなくてはならないという法律上のルールがあります。

 

このことから宅地建物取引士に対する職業的なニーズは非常に高いことがわかります。宅地建物取引士を取得した人の多くは不動産業界での転職活動や昇進を有利に進めています。

 

現在不動産業界に所属している人や、これから不動産業界への転職を目指すという方は宅地建物取引士の資格取得を検討してみると良いでしょう。

 

 

 

 

宅地建物取引士の難易度や合格率、独学勉強は?

 

宅地建物取引士の合格率は毎年15%?17%程度の間で推移しています(平成28年は15.4%でした)

 

毎年3万人以上が受験する人気資格となっているので、合格者の中に割り込むためにはしっかりとした準備をしていく必要が有るでしょう。

 

TACやLECなどの大手資格スクールの宅地建物取引士講座では、8ヶ月〜10ヶ月程度の学習期間が設定されていることが多く、資格スクールの費用は20万円程度が平均的です。

 

宅地建物取引士は独学でも決して合格が不可能な試験ではありませんが、仕事をしながらの合格を目指す方や、1回目〜3回目以内の短期合格を目指すのであれば資格スクールを活用するのがおすすめです。

 

宅地建物取引士は実務に直結する知識が問われる試験ですので、現在不動産業界で仕事をしている人は実務知識とリンクして学習を進めていくのがコツといえるでしょう。

 

⇒『宅建』の講座を見てみる!

 

 

宅地建物取引士の資格を取得による求人や年収は?

 

宅地建物取引士を取得することを目指す人は、多くは不動産業界で働いている人です。

 

一般消費者に対して住宅の販売や賃貸を行っている不動産業者は、事業所で働いている従業員のうち5人に1人には宅地建物取引士の資格を取得させなければならないことが法律上のルールとして決まっているため、不動産業界の発展が続く限りは今後も宅地建物取引士へのニーズが下がるということはないでしょう。

 

一般的に他の業界よりも年収が高い不動産業界(30代の平均年収600万円?700万円)で、宅地建物取引士を取得することでさらに年収アップを目指している方は少なくありません。

 

具体的には宅地建物取引士を取得することで基本給に数万円程度が上乗せになるというケースが多いようです。

 

また、不動産会社の営業では賃貸営業よりも売買の営業の方がステータスが高いとされることが多いのですが、売買営業を行っている部署への異動を目指して社内での評価を高めるために宅地建物取引士を取得するという方も珍しくありません。

 

 

宅地建物取引士の資格はこんな人におすすめ

 

宅地建物取引士の資格は、不動産業界でのキャリアアップを目指す人におすすめの資格です。

 

不動産業者は事業所につとめる従業員のうちの5人に1人は宅地建物取引士の資格保有者でなくてはならないという制限があるため、大手の不動産業者を中心に宅地建物取引士資格保有者の雇用を継続的に確保しなくてはならないという業界的な背景があります。

 

現在不動産業界に所属している人は、年収のアップや社内での地位向上のために宅地建物取引士の資格試験に挑戦することは意義があります。

 

また、これから不動産業界への転職を目指して転職活動を行うという人にとって、宅地建物取引士の資格を保有していることは有力なキャリアパスとなるでしょう。

 

宅地建物取引士の資格は早い人であれば半年〜1年間の勉強で取得するケースも珍しくありません。短期の合格を目指すのであれば資格スクールが開講している対策講座を上手に利用するようにしましょう。

 

⇒『宅建』の準備を始めるならコチラ