おすすめ資格一覧−役立つ資格!タイプ別の選び方

役立つ資格一覧!あなたにおすすめの資格の選び方!

 

資格を取得する理由は人それぞれ色々あると思いますが、
多くの人は資格を取得することで就職、転職に有利であるということを考えると思います。

 

実際、資格を取得しておけば「いざ!」という時に使えますし、
将来のことを考えた時に手に職をつけておくというのは、非常に心強いものです。

 

 

特に女性は、結婚、出産などで仕事を離れブランクができる可能性も非常に高いため、
仕事に復帰する際や職場でのキャリアアップを目指す時に、
資格を取得していることは有利になるはずです。

 

また、資格を活かして教室で教室を開いたり、独立したりすることも可能です。
子育てをしながらフルタイムで働くことは、想像以上に大変なことです。

 

 

仕事と家庭を両立している女性の多くは、
「家事や育児がおろそかになってしまう」
「子供の病気などで急に休まないといけないので、会社に居づらい」
「仕事と家事・育児に追われて時間に余裕がなく、イライラして子供にあたってしまう」
というような悩みを抱えています。

 

 

自宅で開業すれば、自分の趣味を活かした仕事で
ライフスタイルに合わせた働き方が可能になります。

 

資格を持っていることは、趣味で教えているのとは違い、
専門的に学び資格試験に合格した証ですので大きな説得力になるのは間違いありません。

 

 

資格を取得することのメリット

 

 

 

 

就職・転職に有利になる

資格は履歴書に書いておくだけであなたの能力を客観的にアピールしてくれます
資格は、あなたの「武器」です。

 

ゼロからアピールしなくても相手にあなたの能力を認識してもらうことができるのです。
近年は、働く女性にとって就職や転職は厳しい状況が続いていますので、
少しでもアピールするものを手に入れておきましょう。

 

 

給料アップにつながる

会社によっては、仕事に関する資格を有している社員に対して
資格手当を支給しているところがあります。
また、資格取得にかかるスクールの費用や受験料の一部などを負担してくれる
職場もあるので、一度調べてみるのもいいのではないでしょうか。
仕事に関する資格であれば、昇給・昇進への好材料になるので、
仕事に対するモチベーションも上がります。

 

 

万が一のリスクにも安心

今の時代、景気が良くても業界間、また企業間の落差は大きく、
ブラック企業の問題もなかなか改善されません。
大企業でもいつどうなるかわからない時代です。
万が一の備えとして、今の会社外でも評価される資格を取得しておくメリットは、
今後さらに大きくなっていくのではないでしょうか。

 

 

独立してフリーランスで働ける

資格があるということは、あなたを「専門家」として客観的にアピールできます。
職歴や経験がなかったとしても、
資格を活かして自宅で教室を開いたり開業する人も少なくありません。
その他、自宅でできる仕事であれば、在宅ワークで仕事をする方法もあります。
女性の場合は、仕事と家事や育児の両立などライフスタイルに合わせた働き方が可能です。

 

 

結婚、出産などブランク後の復帰に有利

資格があれば、結婚・出産後の復帰にも有利に働きます。
自宅で働ける仕事であれば、段階的に仕事を増やすことで、
無理なく家事や育児との両立が可能になります。

 

 

趣味を仕事にできる

資格を取得している人の多くは、
自分の趣味の延長線上で資格取得をしている人が少なくありません。
自分の好きなことでお金が稼げるなんて素敵だと思いませんか?
資格があればそういった理想の仕事の仕方も可能になります。

 

 

いくつになっても働ける

最近は、定年の年齢が上がってきているとはいえでも、
会社員であればいずれ定年を迎えます。
また、今の時代どんな会社であってもいつまで働けるかの保証はありません。
取得した資格で独立したり、教室を開くなどすれば
年齢に関係なくいくつになっても、自分が働きたければ仕事ができます。

 

 

ダブルワークとして収入源になる

資格を使って本業にしなくても、
週末や空いている時間を利用して週末起業をしている女性起業家も増えています。
いきなり独立することが不安な人は、まずは副業からスタートすればリスクなく始められます。

 

 

前向きに仕事に取り組めるようになる

資格を活かしている人はそうでない人と比較して、
「社会に役に立っている実感」「仕事や人生に対する満足度」が高い傾向があります。
「やらされている」という気持ちで仕事に取組んでいると精神的にも疲弊してしまいます。
資格を活用している人は、仕事に対して前向きに取り組むことができるというメリットがあります。

 

 

資格の選び方

 

「資格を取得しよう!」と思っても、たくさんの資格があり、
どれを選んだらいいかわからず迷いますよね。

 

 

 

 

せっかく資格を取得しても活かせなければ、意味がありません。
資格を取得したからには、キャリアアップや収入アップにつながる、
長く活かして将来に役立てたいと思うはずです。

 

しかし、実際には資格を取得して活かせている人もいれば、
取得しただけで宝の持ちぐされ担っている人もいます。

 

その違いは、何なのでしょうか?

 

資格で稼いでいる人の多くの資格の選び方には、次のような共通点があります。

 

  • 自分の好きで夢中になれると思った
  • 以前から興味がありピンときた
  • 体験してみて意義を感じた
  • 社会的にニーズが高い仕事だと感じた

 

このように自分の心や直感に従った結果である人が多く、
共通して「自分の望むライフスタイルを叶えられる」ということが決め手になっています。

 

自分の望むライフスタイルがあるからこそ、「これだ!」という直感につながっています。

 

そのため、どんな資格を選ぶかを考える際に、
希望のライフスタイルをまず考えてみてください。

 

「将来、どんなことをしていたいか」「どんな自分になっていたいのか」
「会社員でいたいのか、独立して働きたいのか」「趣味を仕事にしたい」
「人間関係の状態」「一人でこつこつできる環境がいい」「気持ちのあり方」などです。

 

希望のライフスタイルとおすすめの資格例を紹介していますので、
ぜひ参考にしてみてください。

 

  • 職場の安定が大事
  • 勉強は苦にならない
  • 他の人との差をつけたい
  • たくさんの資格が欲しい
  • 人間関係で苦労したくない
  • 独立は考えていない

 

そんなアナタは・・・

組織の中で、一歩抜きに出る資格がおすすめ

建築施工管理技士 / 危険物取扱者/ ウェブ解析士 / 証券アナリスト / ファイナンシャル・プランナー / 相続診断士 / 色彩検定 / 健康管理能力検定 / メンタルヘルス・マネジメント検定 / 交渉アナリスト / 医療事務関係資格 / 介護職員初任者研修 /

 

  • 自宅を仕事場にしたい
  • 長期の休みが欲しい
  • 自分の個性を売りにしたい
  • 自由な生き方に憧れる
  • 色んな人と関わりたい
  • 自分のことは自分で決めたい

 

そんなアナタは・・・

フリーランスになれる資格がおすすめ

インテリアコーディネーター / 仏師 / 賞状技法士 / チャイルドマインダー / メンタルトレーナー / 通訳案内士 / CAD利用技術者 / 椅子張り技能者 / きものコンサルタント /

 

  • 自分の思い通りにしたい
  • 責任た大きいと頑張れる
  • 「社長」に憧れる
  • 一生現役で働ける仕事がしたい
  • お金の勘定は嫌いではない
  • 家庭との両立がしたい

 

そんなアナタは・・・

独立開業できる資格がおすすめ

税理士 / 行政書士 / 土地家屋調査士 / 社会保険労務士 / 利き酒師 / 雑貨カフェクリエーター / 整体師 / カイロプラクティックドクタ― / エステティッシャン / キャンドルインストラクター / ヘアメイクアーティスト / 建築士 / 社会福祉士 / はり師・きゅう師 /

 

 

  • ちょっとしたお小遣い稼ぎがしたい
  • 安定して稼ぎたい
  • 色々な世界を見てみたい
  • 自由に使える時間がある
  • いつかは転職したい
  • 趣味と実益をかねたい

 

そんなアナタは・・・

副業にできる資格がおすすめ

建築模型士 / 挿し絵ライター / ヨガインストラクター / アロマセラピストト / 心理カウンセラー / 校正士 / 賞状書士 / 和裁技能士 / ネイリスト / 仲人士 / 生前整理アドバイザー / ストレスチェックコンサルタント / ブライダルプランナー / 日本語教育能力検定 / Web検定/

 

 

ぼんやりとでも自分の叶えたいライフスタイルが思い描けましたでしょうか?

 

「これだ!」と思うものが見つかった人もいれば、
色々悩んで決められないという人もいると思います。

 

やりたいことがわからないという場合は、
消去法で「これは違う」というのがわかるだけでも、資格選びの判断材料になりますので、
ぜひ考えてみてください。

 

この段階では、むしろ一つの資格に決めてしまわない方がいいと思います。
よくよく調べてみると「なんか思っていたのと違う…」ということもありますので、
あとで軌道修正ができるように選択肢は広げておきましょう!

 

それができたら、次のステップです!

 

 

資格について情報を集める!

 

次のステップは、資格に関する情報収集です。

 

 

 

 

「その仕事はどんな仕事か、やりがいは?」「どういったところで働けるのか?」
「どのくらい稼げるのか?」「資格取得までも道のりは?」などをチェックしていきます。

 

資格スクールに資料を請求したりして、比較してみてください。
請求した資料でチェックするポイントは、「資格を取得した人の口コミの活用事例」です。

 

資格取得が簡単でも活かせない資格では意味がありません。
資格の活用方法を確認しておくことをおすすめします。

 

資格に関する詳しい資料は、こちらから取り寄せられます。

 

⇒格安!最短で資格取得の情報はコチラ

 

 

資格取得は独学?スクール?

 

資格取得のための勉強法方法としては、
自分で独学で勉強する方法とスクールに通ったり通信教育で学び
資格取得する方法があります。

 

それぞれメリット・デメリットがあります。

 

 

 

 

独学の場合のメリット・デメリットとしては次のようなものです。

 

メリット

  • かかる費用が少ない
  • 自分の都合に合わせて好きな時間に勉強ができる

 

デメリット

  • わからないところを質問できない
  • 強制されないので、誘惑に弱い人は勉強をさぼってしまう
  • 一人で勉強するので孤独

 

 

一方で、スクールでは費用がかかるということはありますが、
それを上回るメリットが得られます。
スクールに通うメリットとしては、次のようなものがあります。

 

効率よく勉強でき、合格率がアップ

学校の試験勉強でも言えることですが、
テキストのすべてがまんべんなく資格に出題されるわけではありません。
試験に頻出の重要ポイントというのが必ず存在します。
スクールでは、その資格について専門の講師が教えてくれるので、
無駄なく効率よく勉強でき合格率は大幅にアップします

 

 

同じ志を持つ仲間ができる

スクールに通うことで同じ目標を仲間とのつながりができます。
大人になるほど得にくい「利害関係のない同じ目標に向かって頑張る仲間」です。
また、スクールでの仲間から新規オープンのお店に誘われたり、
仕事の紹介をしてもらったり同業の仲間がいることのメリットは測り知れません。

 

 

強制力が働く

独学の場合、よほど精神力が強くないと、仕事が忙しかったり主婦で家事、育児に追われ
ついつい勉強時間がなくなったりさぼってしまうことが出てきます。
しかし、スクールで決まった曜日・時間に通わなければいけないという強制力が働けば、
挫折することなく勉強を続けることができます。

 

 

就職の支援やサポートを受けられる

資格取得のスクールでは、その仕事の最新情報や求人情報など
業界の情報がたくさん集まっています。
スクールが運営しているお店があったり、関連の企業や会社とパイプがあったりするので、
卒業生であれば優先的に就職することが可能になるのです。
そのため、資格取得後スムーズに働くことができます。
また、開業サポートを行っているスクールもあるので、未経験での独立も心配ありません。

 

 

教育訓練給付制度や教育ローンなどがある

学びを応援するものとして
「教育訓練給付制度」や「教育ローン」というものがありますので、
こういったものをうまく利用すれば費用面も押さえることが可能です。
学びを応援する制度をぜひチェックしてみてください。

 

 

働く人の学びを応援する制度「教育訓練給付制度」

 

 

 

教育訓練給付制度

一般教育訓練

専門実践教育訓練

もらえる金額は?

かかった費用の20%
(上限10万円)

かかった費用の40%
(年間上限32万円・最大96万円、最長3年まで)

どんな人が
もらえるの?

初めて利用 雇用保険に加入している・またはしていた時期が1年以上の人 雇用保険に加入している・またはしていた時期が2年以上の人
2回目以降 3年ごと 10年ごと
どんな講座が対象? 仕事に役立つ資格やスキルが身につく講座を厚生労働大臣が指定 国家資格が取得できる専門学校や専門職大学院など、長期的なキャリアアップにつながる講座を厚生労働大臣が指定。期間は1〜3年。
申請時期は? 受講終了後1カ月以内 受講開始1ヶ月前までに

 

 

この「教育訓練給付制度」の対象となる講座は、厚生労働大臣が指定した講座のみです。

 

仕事に役立ってもすべての講座が給付の対象ではありませんので、講座を受ける前に対象講座かどうかを確認しておくようにしましょう!

 

せっかく学びたい講座を見つけても「教育訓練給付制度」の対象でなかったら、少し残念ですよね。対象講座や制度の詳細が知りたい場合は、最寄りのハローワークに確認することができます。

 

 

その他にも通信講座の「ユーキャン」では、「一般教育訓練」を利用することで、
「いくら給付されるのか?」「自分が対象となるか?」「どの講座が対象か?」
ということが確認できます。

 

簡単にできるので、ぜひチェックやってみてくださいね!

 

コチラから確認できます教育訓練給付制度

 

 

 

目先の費用だけにとらわれず、将来的にその資格を活かして就職したり、
独立することを考えるとスクールに通うメリットは非常に大きいと言えるのではないでしょうか。

 

学べる学校があまりない資格もあれば、たくさんある場合もあります。
複数の学校がある場合は、少なくとも3つくらいの資料を取り寄せて、
コース内容、受講期間、受講料などを必ず比較することをおすすめします。

 

スクールによって卒業後の就職状況なども変わってきますので、
就職や独立サポートなどもぜひチェックしてください!

 

資料請求はすべて無料でできますので、
気になる資格はもれなくチェックしておきましょう!