登録販売者の受験資格や合格率、求人、給料、時給について

登録販売者の受験資格や合格率、求人、給料、時給について

 

登録販売者とは、医薬品の販売をする際に必要となる資格のことを言います。

 

以前は、薬局やドラッグストアなどでは薬剤師や薬種商と呼ばれる人しか医薬品の販売はできませんでした。

 

しかし、2009年から施行された改正薬事法により、薬局やドラッグストアなどで、薬剤師のみならず登録販売者の資格を有することで、販売に携ることができるようになりました。

 

登録販売者として扱うことができる医薬品は、主に一般用医薬品のみで、その中でも第一類医薬品は販売することができず、第二類医薬品と第三類医薬品のみの販売となります。

 

登録販売社の主な仕事内容は、お客様が求められている一般医薬品を販売することです。

 

主な求人先は、薬局やドラッグスストアをはじめとした、登録販売者として販売することができる医薬品の取り扱いがなされている小売業があげられます。

 

 

 

登録販売者の受験資格、合格率や難易度

 

登録販売者の資格を取得するためには、登録販売者の資格試験に合格する必要があります。

 

この試験は、都道府県で開催されており、登録販売者になるには試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。

 

試験内容は、主にマークシート方式です。それぞれ登録販売者に欠かせない知識のいくつかの分野が出題され、正答率は全体の7割で合格ですが、ただ7割合格すればよいというわけではありません。

 

それぞれの分野に対し、都道府県知事が定めている正答率も必要となります。合格率は約40%なので、合格率がそれほど高い資格ではありません。

 

しかし、販売登録者の資格試験は、都道府県での開催となるため、それぞれの地域や試験の年度でも合格率に違いがあるといわれています。

 

受験資格がない資格なので、誰でも受験することができます。きちんと勉強をすること資格を取得することができる資格です。

 

受験費用は、約20,000円で、受験する地域により違いがあります。

 

通信教育などを活用して、勉強に取り組む人も多く、勉強期間には個人差があるものの、4か月ほどで合格することができたとケースもあります。しっかりと自分に合った勉強方法で勉強すれば、数か月程度で登録販売者の資格取得を目指せます。

 

⇒『登録販売者』の準備を始めるならコチラ

 

 

 

 

登録販売者の給料や時給など

 

ドラッグストアで実際に仕事に携わっている人は、登録販売者の資格を取得することで、より範囲内での医薬品の販売をお客様にすることができるようになります。

 

登録販売者資格を修得することで、今まで携わることができなかった仕事にも取り組むことができるようになり、キャリアアップも目指すことができますし、何よりもより仕事にやりがいを感じることができます。

 

また就業先によっては、登録販売者の資格に対し資格手当が支給される場合もあります。

 

ドラッグストアで働く正社員の平均年収は300万円台です。登録販売社になりキャリアアップし、店長などになることにより年収アップも期待することができます。

 

このように、就業先によって違いはあるものの、年収アップが期待できる資格であるといえます。

 

 

登録販売者資格は、こんな人におすすめ

 

登録販売者は、薬局はもちろんのことドラッグストアなどで就業を考えている人や、今まさに就業している人におすすめできる資格です。
特にこのような業界でキャリアアップを目指したいと考えている人に、おすすめです。

 

近年では、様々なドラッグストアが全国展開し店舗数が非常に増えていることを考えると、より有利な就職にもつなげることができます。

 

 

受験資格は特に問わず、実務経験がない人でも受験をすることができるためら、薬局やドラッグストアなどの小売業での就職を考えているのなら、取得しておくといいですよね。

 

販売登録者の資格を取得することで、ただ単にキャリアアップを目指すことができるだけではなく、より自信をもってお客様との接客にも取り組むことができるよううになります。

 

ドラッグストアにおいて、お客様との接客もより充実させたいと考えている人にもおすすめな資格であると言えるでしょう。